外国人も日本人も住みやすいまちを目指すにはどうしたらよいか、中野区長を招いて、外国人留学生そして日本人学生がテーブルを囲んで意見を交わします!

2021年度
ワクチン接種から考える外国人住民への情報提供のあり方

「ワクチン接種から考える外国人住民への情報提供のあり方」というテーマのもと、情報提供の手段としてある郵送物やホームページ、中野区が発行した「外国人のための なかの生活ガイドブック」などについて話し合われました。対面での懇談会を行いながらその様子をオンライン配信するハイブリッド形式での開催となり、約130名もの方々にご参加いただきました。

*2021年度(7月7日開催)の報告

参加者の感想

・ワクチン接種および情報収集など現在の自分の不安を解消することはもちろん、区の対応に関して改善してほしい点を直接提案することができて、非常に貴重な時間だった。

・外国人からの率直な意見を聞くことで、具体的にどのような点で困難を抱えていて、どうやって改善していけば良いのかがわかり、とても有意義な意見交換が行われたと思う。

2020年度
コロナから考える緊急時の外国人住民への対応

「災害などの緊急時に外国人住民の困ることは?」というテーマのもと、コロナ禍の影響で発生した問題について話し合われました。外国人の社会人にも参加していただき、「区長と外国人住民との懇談会」として実施しました。今年度は、初めてオンラインでの開催となりました。

*2020年度(7月1日開催)の報告

参加者の感想

・声があげにくい・届きにくい在住外国人の声を直接区長に届けるこのような機会は有意義だと思いました。

・リアルな在日外国人の経験を聞くことができたのがよかったです。オンラインだからこそ、今年参加できました。

2019年度
外国人も日本人も住みやすいまちをめざして

外国人も日本人も住みやすいまちを目指すにはどうしたらよいか、留学生、日本人学生と中野区長がテーブルを囲んで意見を交わしました。主に、住宅探し・近所との付き合い・ゴミ出し問題・地震に対する備えについて活発な議論が行われました。

2018年度

中野区長選の時期と重なったため、懇談会は開催されませんでした。

2017年度
誰もが住みやすいまち、グローバル都市NAKANOを目指して

外国人も日本人も住みやすいまちをめざして、住宅探しや生活マナーなどの住宅問題を中心に議論が行われました。

参加者の感想

・外国人留学生の皆さんが経験したあらゆる問題について聞くことができて良かったです。出身国によるごみの出し方の違いや、近所の人たちとの付き合い方の違いがあることに驚きました。

2016年度
日本の中野から世界のNAKANOへ ~グローバル都市をめざして~

中野がグローバル化の流れに参入し、“外国人の住みやすい街づくり”を進めるためのディスカッションを行いました。主に「インバウンド観光」と「ユニバーサルデザイン」について話し合いました。

2015年度
日本の中野から世界のNAKANOへ ~グローバル都市をめざして~

ーグローバル都市・中野の魅力・留学生の地域参加をテーマにディスカッションを行いました。第2回は、山脇ゼミが主催し、中野区観光協会の後援および中野区と中野区国際交流協会の協力のもと、開かれました。<学部サイトの記事

2014年度
日本の中野から世界のNAKANOへ ~グローバル都市をめざして~(2014/10/29)

記念すべき第1回の懇談会。中野区主催、山脇ゼミ企画協力のもと開催されました。<学部サイトの記事><ニュースレター

2014年12月1日には、中野区長と外国人住民の懇談会も開催されました。<ニュースレター